不動産賃貸事業において等価交換方式をとることで、土地と建物を交換することで自己資金なしで建物を取得できます。

等価交換方式を活用した不動産賃貸事業

等価交換方式を活用した不動産賃貸事業

等価交換方式を活用した不動産賃貸事業

相続などで広い土地を引き継いだ場合、その土地が実は更地のままなど活用されていないときには、その後の固定資産税などの負担が大きくなってしまいます。そのため有効活用を考えると思いますが、あまりに広い土地の場合は、一部を売却することも考えられます。この時に活用できるのが等価交換方式と呼ばれる手法です。

等価交換方式は、まず、土地オーナーの土地の上に、不動産デベロッパーがその業者の資金負担で建物を建てます。その後、土地オーナーが土地の一部を、デベロッパーがそれと同じ価値の建物をお互いに差し出して交換します。こうするとこで、お互いに土地と建物がセットの状態を作り上げることができます。ポイントは、この時、土地オーナーはお金を一切使わずに土地の上に建物を建てたのと同じ状態にできるというう点です。これでいきなり賃貸事業を始めることができるというわけです。もちろん一部土地は手放しはします。これが等価交換方式です。

この方式では、デベロッパーとの間で、等価のものを交換しているので金銭の授受はありません。しかし、税金上は土地を売って、建物を購入したと見られ、仮にその土地の取得価額が非常に低かったとすると大きな譲渡益があるとみなされ、多額の税金がかかるようだとデメリットになります。しかし、このような等価交換の場合は、課税が繰り延べられることになっており、その時点での税負担はゼロか少ないという形をとることができるようになっています。


Copyright(c) 2018 等価交換方式を活用した不動産賃貸事業 All Rights Reserved.